片岡治療院

お客様がより気軽に通いやすい鍼灸整体院を目指して大阪狭山市で開業の際立地を厳選

アクセス

バスでの通院を想定した鍼灸整体院を大阪狭山市にて開業 

ACCESS

近大病院から歩いて3分、南中学前のバス停から歩いて1分の中学校正門前でお迎え

お客様の中には脳梗塞の後遺症としての片麻しびを抱えている方や、交通事故時のむち打ちでめまいや強い倦怠感を抱えている方、さらに膝痛・椎間板ヘルニアなどで歩くのが困難な方もいらっしゃいます。このような通院時にお身体へのご負担が大変大きい方でも、可能な限り気軽に通いやすい鍼灸整体院になること想定し、開業時には大阪狭山市の立地を厳選いたしました。
その結果、駅からバスでの通院に特化した施術院として、これまで多くのお客様に親しまれてまいりました。まず泉ヶ丘駅・千代田駅・河内長野駅などの駅からバスに乗って、近大病院の次のバス停(南中学前)にて下車していただきます。そこから歩いて1分ほどのところに南中学の正門があり、その向かい側でお客様をおもてなししております。また、それでも寝たきり・リウマチ・交通事故後の大ケガなどの要因で外出そのものが困難な方も多くいらっしゃいます。その際には往診による訪問在宅リハビリにて院長が直接お客様のご自宅に伺うことも可能です。お客様の幅広いニーズに対して、より柔軟にお応えできるよう今後とも精進を重ねてまいります。


コンスタントな鍼灸整体のメンテナンスにより大阪狭山・河内長野・富田林・堺市の皆様を健康に

SALON

一般的に施術業界では、不調が急性であればあるほど回復も早く、慢性であればあるほど回復まで時間がかかるといった傾向がございます。鍼灸整体をお受けいただくお客様においてもこれは同様であり、慢性腰痛・肩こり・リウマチなどは相応の期間が想定されます。しかしながらコンスタントに大阪狭山市まで通っていただくことで、根本的な回復が見込まれるため、安心です。

片岡治療院

片岡治療院

電話番号
090-6324-0351
所在地
〒589-0023
大阪府大阪狭山市大野台1-25-13
予約受付時間
9:00~19:00
※土・日・祝は16:00まで
定休日
なし(不定休)

根本的に難治性の不調を回復させるため鍼灸等の施術でお手伝いを

PROFILE

お客様一人ひとりにオーダーメイドの施術プランを

一見同じ肩こりや腰痛に見えても、その根本原因はお客様によって十人十色です。なぜなら、生まれ持った骨格や体質などが異なる上に、各々のライフスタイルや習慣・癖などによって、こりや痛みが身体に発生するためです。回復にあたって最適な施術法はお客様ごとに異なっており、その多様な根本原因に対応するために鍼灸をはじめ、多様な施術法を習得して施術が可能な状態まで経験を積んでまいりました。
例えば「足ツボ反射療法」、これは西洋式と東洋式の種類があるのですが、この二つのメリットを院長が掛け合わせることで様々な不調への働きかけを可能にしました。長年の病で体力が低下している方や、触覚が敏感で刺激に過敏な方など、このような方も安心して足ツボへの施術をお受けいただけます。その他、吸玉吸角バンキー療法(通称カッピング)・TMS交流磁気治療・自律神経免疫療法・腱筋膜療法などに、鍼灸をベースにしたオーダーメイドの施術法を、お客様一人ひとりに合わせて提供いたします。肩こり・腰痛・ヘルニア・手足のしびれ・パーキンソン病など、慢性化した難治性の不調にも、適切に対応してまいります。

鍼灸整体(経穴整体)においては、IT機器が普及した現代の日本人にとって大変メジャーな肩こりや腰痛などの回復はもちろん、難治性の不調への対応も可能であるため、実に多様な不調を抱えたお客様が大阪狭山市までご来院されます。その一つが脳梗塞の後遺症として出ている手足のしびれや麻しびです。その他、リウマチ・椎間板ヘルニア・頸椎ヘルニア・パーキンソン病・坐骨神経痛など、どうしても回復が困難になりがちな不調の回復も、院長にお任せください。しかしながら、これらの不調を抱えたままの通院は、それ自体がお客様にとって辛いものになりがちです。仮に自分が身体の半身が麻しびした状態で通院することになってしまったら、かなりの負担を感じてしまうでしょう。
その負担を限りなく軽減できるように、大阪狭山市で開業する際にバスからの通院がしやすい立地を選びました。泉ヶ丘駅・千代田駅・河内長野駅まで電車でお越しいただき、そこからバスで近大病院まで通うルートです。近大病院からは歩いて3分であるため、お身体への負担も少なく通っていただけます。付き添いの方がいない日や、寝たきりや交通事故での大ケガなどのご事情で外出が難しい方も安心してご自宅でお待ちいただける、往診対応も実施中です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。